ブログトップ

廃材で机






そういえば1月に机(棚?)を作りました。
アップを逃してしまいまして…



この木材はクマルと言います。
非常に重くて硬く、雨・風・虫に強いというもの。



d0359269_21395235.jpg



といっても、カットは大工さんがキッッチリしてくれましたので
すでに仕事は60パーセント終わったようなもの…
といっても過言ではない。かな。



d0359269_21394191.jpg




もともと外柵に使っていましたが、作り直しをした際に大工さんが
「このクマル、持ち帰っても捨ててしまうものだけどー欲しいですか?」
と、言ってくれたので遠慮なく飛びついた、というシロモノです。




そしてー「欲しい寸法にカットしてあげますよ〜」とおっしゃる。
あー!なんていい人なんだ〜と感謝しつつ
その時から何を作ろうかと、猛烈に考え(汗)図面を起こしました。




d0359269_08484846.jpg



これをしっかり添削してもらってから、カット。
まずは天板の下に来る枠を組み立ててから、脚を付けます。



d0359269_21394441.jpg



中の棚を作ってから本体に取り付け



d0359269_21394693.jpg



天板を付け、完成しました。



d0359269_21395235.jpg




何が大変って、とにかく固いのです。
もちろん電動ドリルを使うのですが、
適切な径で下穴をちゃんと開けないと、絶対に入っていきません。
下手をすると、ステンレスのビスが折れるらしいのです。



ずっと前にもクマルをもらった時がありました。
その時は、ホームセンターで機械をレンタルしようかと
聞いてみたことがあります。
すると、デッキ材(クマル)は刃がすぐダメになるし、
下手すると機械を壊すので、その時は弁償になるというのです。
恐ろしくなって、すごすご帰って来たということがありました。



そんなことがあったので、大工さんのご好意には本当に感謝です。



しかしですよ、直角が取れて寸法が正確にカットされた木材とは
こんなにも組み立てが楽なのかと、驚愕でした。
やっぱり、道具ですよね。
そう、道具なんですよ。
でも買うわけにはいかないでしょー?!
と自分に言い聞かせ。



この机には、手持ちの小さな七宝釜をのせたいと思い作りました。
完成できてホッとしました。
さてさて、いつ活躍するのやら〜。


人気ブログランキング いつも応援 クリック ありがとうございます!173.png
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければこちらにも クリック お願いします!173.png
     




by memo-memo3 | 2018-02-26 13:33 | ハンドメイドの形 | Comments(0)